フランス パリ【セドリックグロレ】3時間並んだ世界的に話題のパティスリー

mofu

都内勤務の現役パティシエールです。
作り手目線で素敵なお菓子や観光情報をご紹介します。
元製菓教師、製菓衛生師、製菓衛生責任者

mofuをフォローする
パティスリー

こんにちは!

今回は世界的パティシエのセドリックグロレさんのお店に伺ったのでご紹介します。

実際私も3時間並んで購入したので、これから行く方に参考になれば幸いです。

セドリックグロレとは?

セドリックグロレとは、多くの権威ある賞にノミネートされる話題のパティシエです。

2023年4月現在、インスタグラムのフォロワー数は724万人と、パリで今最も注目されているパティシエと言えるでしょう。

お店はパリに2店舗

お店はカスティリヨーヌ通りに1店舗と、オペラ近くに1店舗。その他にムーリスというホテルではアフターヌーンティーなども手掛けています。

今回はオペラにある店舗に伺いました。こちらは喫茶スペースもあるそうです。

オペラのセドリックグロレに行こう!待ち時間など

私が行ったのは2023年3月です。9:30開店でした。オープンより少し早めに着く予定でしたが、パリのバスは遅延や運休など日常茶飯時ですので、9:40分にお店に到着しました。

9:40時点でこの人数です…!流石に驚きました。現地の人だけでなく、観光客も多く色々な言語が飛び交っていました。

途中かなり強い雨が降ってきました…傘を持っていなかったのですが、お店の傘を何本か貸してくださり、それに皆で入ってしのぎました。 パリではずっと周りに警戒して過ごしていたので、その無垢な優しさが身に染みました…。

そこから暫く並び、お店に入ったのは12:35頃。3時間もパティスリーに並んだのははじめてです。笑

開店10分後整列で3時間待ちでしたので、可能であれば開店30分前から並ぶことをお勧めします。

店内の様子

入店すると、売り場はとてもコンパクトで、3組ほどしか入れません。左側にケーキが写真のように陳列してあり、右側ではパンを並べていました。 種類は多くなく、その時あるものを購入する、という形のようです。

購入品ご紹介

ピスタチオのケーキ

まずはこちらの手前から3番目に見える、ピスタチオのケーキ。お花のような可愛らしいピスタチオのクリームの中には、濃度の異なるピスタチオのクリームやプチシューが詰まっていて、これ以上にピスタチオを感じるケーキがあるのだろうか?と思うほど。

まったりととても濃厚ですが、塩が効いているのでついつい食べ進んでしまう一品です。 

ピスタチオ尽くしでも、パーツごとに粒が残っていたり、滑らかだったりと変化があるので楽しめる一品です。

丸いフォルムが可愛すぎる!クロワッサン

見てくださいこのまるっこくて可愛らしいフォルム…!私はこんなに丸っこいクロワッサンをはじめて見ました笑 画像ではお伝えしきれないくらい、愛らしく、また美しいんです。

外から見えるショーウィンドウに並んだ愛らしいクロワッサンたちを見て買わない人は居ないと思えるほどです。

断面です。そうが目に見えるのが美しいですよね。 食感はもちもちとしていて、層に弾力がありました。

ほんのりとバターの香りがして美味しいです。

是非購入していただきたい逸品です。

最後に

印象に残るケーキとパンを体験することができました。待ち時間は本当に長いので、開店前から並ぶことをおすすめします。

機会がありましたら是非お試しください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました