フランス ニース【ロワゾー・ドー】ニース地域限定のショコラトリー

mofu

都内勤務の現役パティシエールです。
作り手目線で素敵なお菓子や観光情報をご紹介します。
元製菓教師、製菓衛生師、製菓衛生責任者

mofuをフォローする
パティスリー

こんにちは!

今回は南仏ニースにあるショコラトリーについてのご紹介です。

ニースはリゾートとしても人気の観光地なので、訪れる際の参考になれば幸いです。

ロワゾー・ドーとは?

Chocolatier L’oiseau d’Or (ショコラトリーロワゾードー)とは、南フランスの人気リゾート地、ニースに拠点をおくショコラトリーです。

地元の人からも人気のある高級ショコラトリーで、市街地からもアクセスしやすくなっています。

ロワゾー・ドーに行こう!

伺ったのは2023年3月中旬です。ニースはとても治安が良く、安心して観光できる街です。

お店の外観です。落ち着いた雰囲気の並びにあります。

ショーケースの中にはこのようにボンボンショコラがズラリと並んでいます。この種類と量のチョコレートは日本のお店ではなかなか見ることができないので、ワクワクしてしまいますね。

ほとんどの味が、コーティングのチョコをミルク味かビター味から選ぶことができるので、自分の好みに合わせることができます。

味の説明書きは基本的にフランス語で書かれていましたが、シンプルでわかりやすかったです。

フランスでの買い物、特にこのような専門店での買い物は緊張してしまいますが、大きな声でボンジュール!と挨拶をして入店し、知っているフランス語で努力して会話する姿勢を見せればどこもとても親切でした。こちらのお店でも、片言のフランス語での買い物でしたが、頑張っているわね!とマダムが褒めてくださいました笑

お味の感想

お味の種類は上記のように幅広く、この当時は58種類。そこからまたミルク、ビターとコーティングの種類を選べるので100通り近くの中から自分の好みに合わせて選ぶことができます

私はノワゼットなど王道のプラリネ系から、タルトシトロン味など変わったものまで選んでみましたが、どの味もしっかりと味と香りがたち、とても美味しかったです。

食べてみて何味なのかしっかり分かるって実は本当に大切ですよね。私は考えながら食べるような複雑な味より、シンプルで質の高い味のほうが好みです。わかりやすく美味しいものばかりでしたので、贈り物にも最適だと感じました。

最後に

ニース周辺にしかないショコラトリーなうえ、味も絶品でしたので、プレミア感のあるニース土産に最適だと思いました。是非機会があれば伺ってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました